じぶん書店

姑獲鳥の夏(1)

姑獲鳥の夏(1)

京極夏彦 | 書籍

推しコメ

姑獲鳥の夏(1)

「二十箇月もの間子供を身籠っていることができると思うかい?」。昭和27年の夏、三文文士の関口巽(せきぐちたつみ)は東京は雑司ケ谷にある久遠寺(くおんじ)医院の娘にまつわる奇怪な噂を耳にする。しかも、密室から煙のように消えたというその夫・牧朗は関口の旧制高校時代の1年先輩だった。