じぶん書店

25時深夜書店

邪魅とは何か?聞きなれない言葉が脳裏に響く

京極堂シリーズ、邪魅の雫とは。聞きなれない言葉が脳裏に響きこびりつく。実在の地名で起こる殺人事件。得意の過去と現代のクロスオーバーにより、時代感覚が麻痺するストーリー。 一瞬も目が離せないストーリー展開に、心が吸い込まれていく京極マジック。一度読んだら止められない。 京極夏彦の百鬼夜行シリーズは小説の魔物だ。 是非この1冊をあなたの手元に。

  • 邪魅の雫(1) 京極夏彦 書籍 477コイン

    「邪悪な陰謀が陰で渦巻いてるかもしれん」。榎木津の縁談が先方から悉く断られる。その理由を、榎木津の従兄にあたる今出川の命令で、益田は調べ始める。その頃、小松川署勤務の青木文蔵は、江戸川、大磯で発生した毒殺事件の関連を調査していた。そして、被害者の一人が榎木津の縁談相手の妹だったと判明する。

  • 邪魅の雫(2) 京極夏彦 書籍 477コイン

    「私は邪魅の雫に吸われてしまったようだ」。江戸川、大磯に続き平塚でも毒殺死体が発見された。犯行に使われた毒物が、特殊なものではないかと考えた青木は京極堂の元を訪ねる。その正体について京極堂は静かに語り始めた。だが、更なる惨劇の幕が落とされる。「人はどうして邪なものの方に魅せられるのか」。

  • 邪魅の雫(3) 京極夏彦 書籍 477コイン

    「私の世界は、小さなひと雫の漆黒に凝縮されてしまった」。終わることのない殺人の連鎖。蜃気楼のように浮かびあがっては消える犯人像、そして榎木津と事件の繋がりも見えずにいた。そんな状況下、京極堂は、自らの世界の終焉を悟った男と対峙する。滅びゆく世界を遺すために――。圧巻のクライマックス。