じぶん書店

じなん書店

自分に向き合うための時間

特集推しコメ

菅野美穂さん主演のドラマが好きで、全冊買って読みましたが、働くことが生きがいな主人公に対して、周囲はそれぞれの働き方で生きている様子が、とてもバランスよくエピソード化されている。特に4巻は読後感がなんとも言えない。

働きマン

1巻

安野モヨコ | コミック

週刊『JIDAI』編集部の女性編集者・松方弘子28歳独身。 弘子は編集長や上司や同僚たちと一緒に右往左往しながらもいい雑誌を作る為に日夜奮闘する。寝食を忘れ、恋人との逢瀬もままならず、ジレンマに悩み、誰かとぶつかり……。それでも弘子はいざ仕事モードとなると"男スイッチ"が入り『働きマン』となり、「30歳までに編集長になる」夢を叶える為、日夜働き続けるのだ!! 「あたしは仕事したなーって思って、死にたい」

働きマン

4巻

安野モヨコ | コミック

「あたし達って仕事しすぎかな?」――友人の結婚式に出席するついでにゆっくり休もうと、ドカンと休暇を取ってハワイへ飛んだ松方だったが、ホテルに着くや否や任せてきたはずの仕事についてのFAXが届く。休みを取っても完全には仕事から解放されない現状と、さらには、すでに主婦になっている友人たちの「独身は気楽」という一言に松方は怒りを抑えられず……!?