じぶん書店

警視庁書店課
闇に香る嘘

闇に香る嘘

下村敦史 | 書籍

推しコメ

目の前にいる兄は本物なのか・・・

孫に腎臓移植を希望した村上和久は自分には適合性がないことから、兄の竜彦に懇願するも、兄の頑なな姿勢に違和感を覚える。和久は失明しており、戦争孤児から戻ってきた兄の顔を知らない。果たして目の前にいる兄は本物なのか? 真相を追っていくなかで、「家の中に誰かいるのか」など、主人公の視点の描写には非常にリアリティを感じます。 江戸川乱歩賞受賞作、イッキ読みにてお願いいたします❗

ハッシュタグ

    #下村敦士 #江戸川乱歩賞 #ミステリー

この作品を登録している書店