じぶん書店

場末の本屋

岩明均特集

特集推しコメ

大ヒット映画「寄生獣」。原作の漫画は更に深いシーン、深い言葉を濃く詰め込んでいます。一度原作もご覧あれ。かの有名なアレキサンダー大王の書記官であるエウメネスに焦点を当てた「ヒストリエ」もとても面白いです。歴史が得意でない人も楽しく読める作品です。

ハッシュタグ

    #歴史 #漫画 #寄生獣 #岩明均 #マケドニア

寄生獣

1巻

岩明均 | コミック

シンイチ…『悪魔』というのを本で調べたが…いちばんそれに近い生物はやはり人間だと思うぞ…他の動物の頭に寄生して神経を支配する寄生生物。高校生・新一と、彼の右手に誤って寄生したミギーは互いの命を守るため、人間を食べる他の寄生生物との戦いを始めた。

ヒストリエ

1巻

岩明均 | コミック

舞台は紀元前。奴隷の身分にありながら、豊かな教養と観察眼、判断力、そしてそれらを駆使して行動を起こす度胸を兼ね備えた、不思議な青年・エウメネスがいた。あの偉大なる哲学者・アリストテレスの逃亡を助けたりしながら、彼が目指していたのは、「故郷」と呼ぶカルディアの街……。のちにアレキサンダー大王の書記官となるエウメネスの、波乱に満ちた生涯を描いた歴史大作が登場!

寄生獣ミギー 悪魔の言葉 100の名言

アフタヌーン編集部・前田正志・岩明均 | 書籍

11月29日に第一作、2015年5月に完結編の映画劇場公開が決まっている漫画史上に輝く不朽の名作『寄生獣』(岩明均著)の愛すべきメインキャラクター「ミギー」の名言をまとめました。いったい、人間とはどんな「生き物」なのか?――寄生獣の視点に立つと、意外な、人間の強さ、弱さ、面白さ、せつなさ、が見えてくる。これは、「哲学する寄生獣」ミギーの魅力を再発見する一冊です。※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字だけを拡大することはできませんので、タブレットサイズの端末での閲読を推奨します。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能も使用できません。