じぶん書店

砂糖とスパイス、すてきな何か

鳥肌ものの恩田陸傑作「麦海」シリーズ!

特集推しコメ

こんな小説を待っていました! 関連作なので、一冊読めば既読の作品がさらに面白くなるという相乗効果が止まりません。 「麦の海に沈む果実」または「三月は深き紅の淵を」を最初に、次に「黒と茶の幻想」、最後に「黄昏の百合の骨」という順が個人的におすすめ。

麦の海に沈む果実

恩田陸 | 書籍

三月以外の転入生は破滅をもたらすといわれる全寮制の学園。2月最後の日に来た理瀬の心は揺らめく。閉ざされたコンサート会場や湿原から失踪した生徒たち。生徒を集め交霊会を開く校長。図書館から消えたいわくつきの本。理瀬が迷いこんだ「三月の国」の秘密とは?この世の「不思議」でいっぱいの物語。

三月は深き紅の淵を

恩田陸 | 書籍

鮫島巧一は趣味が読書という理由で、会社の会長の別宅に2泊3日の招待を受けた。彼を待ち受けていた好事家たちから聞かされたのは、その屋敷内にあるはずだが、10年以上探しても見つからない稀覯本(きこうぼん)「三月は深き紅の淵を」の話。たった1人にたった1晩だけ貸すことが許された本をめぐる珠玉のミステリー。

黄昏の百合の骨

恩田陸 | 書籍

強烈な百合の匂いに包まれた洋館で祖母が転落死した。奇妙な遺言に導かれてやってきた高校生の理瀬を迎えたのは、優雅に暮らす美貌の叔母2人。因縁に満ちた屋敷で何があったのか。「魔女の家」と呼ばれる由来を探るうち、周囲で毒殺や失踪など不吉な事件が起こる。将来への焦りを感じながら理瀬は――。

黒と茶の幻想(上)

恩田陸 | 書籍

太古の森をいだく島へ――学生時代の同窓生だった男女四人は、俗世と隔絶された目的地を目指す。過去を取り戻す旅は、ある夜を境に消息を絶った共通の知人、梶原憂理(ゆうり)を浮かび上がらせる。あまりにも美しかった女の影は、十数年を経た今でも各人の胸に深く刻み込まれていた。「美しい謎」に満ちた切ない物語。