じぶん書店

ひめここ書店 ~おすすめの本あります~

夏流城に集められたこどもたち。その意味と真実が二つの視点で明らかに…

特集推しコメ

【七月に流れる花】 読了。最初は奇妙なことや謎が多くて、読んでいて不安感が強かった。 だけど、だんだんと謎の真相が明らかになり、最後はそういうことだったのかと納得だった。ただ塀の向こうの少年の発言は未だ謎だけど。みどりおとこさんの正体、城や決まりの意味。悲しく切なかった。 【八月は冷たい城】 こちらは男の子たちの目線で語られた夏流城の物語。 起こった事件の全貌とみどりおとこと緑色感冒の繋がりと真実。あぁ、なるほどなぁ。そういうことかぁと思った。切なくてこわくて不思議な話だった。面白かったです。

ハッシュタグ

    #恩田陸

七月に流れる花

恩田陸 | 書籍

坂道と石段と石垣が多い町、夏流に転校してきたミチル。六月という半端な時期の転校生なので、友達もできないまま夏休みを過ごす羽目になりそうだ。終業式の日、彼女は大きな鏡の中に、緑色をした不気味な「みどりおとこ」の影を見つける。思わず逃げ出したミチルだが、手元には、呼ばれた子どもは必ず行かなければならない、夏の城―夏流城での林間学校への招待状が残されていた。

八月は冷たい城

恩田陸 | 書籍

夏流城(かなしろ)での林間学校に初めて参加する光彦。毎年子どもたちが城に行かされる理由を知ってはいたが、「大人は真実を隠しているのではないか」という疑惑を拭えずにいた。到着した彼らを迎えたのは、カウンターに並んだ、首から折られた四つのひまわりの花だった。少年たちの人数と同じ数――不穏な空気が漂うなか、互いに疑心暗鬼をつのらせる卑劣な事件が続き……? 彼らは夏の城から無事に帰還できるのか。