じぶん書店

ねこや

3000年前の中国が舞台のSFファンタジー

他社コミックスの原作です。コミックスのほうはだいぶ世界観が違っていますが、どちらも好きです。 「西遊記」「三国志演義」...

他社コミックスの原作です。コミックスのほうはだいぶ世界観が違っていますが、どちらも好きです。 「西遊記」「三国志演義」と並ぶ中国の三大怪奇小説と言われ、史実である殷周革命に仙人達が乗っかってドンパチを始めます。しかし妖怪やら道術やらにとどまらず、宝貝という化学兵器や兵器登載の人造人間なども出てきてもはや完全にSFファンタジー。かなりボリュームがありますが、読み終えた時の達成感がまたいい。

続きを読む▼

  • 封神演義(上) 安能務 書籍 702コイン

    中国三大奇書を越える奇想天外な大伝奇小説商から周への易姓革命を舞台に、軍師太公望を擁する西岐軍と紂王軍の殺戮戦。妖術玄術が切り結び、飛び交う秘密兵器はSFを凌ぐ。幻の大伝奇ロマン、本邦初訳。(講談社文庫)

  • 封神演義(中) 安能務 書籍 702コイン

    軍師に姜子牙(きょうしが)(太公望)を得て紂(ちゅう)王討伐の軍を興した周の文王は、征途なかばにして世を去った。子姫発(きはつ)が後を嗣ぎ武王を名乗る。一方、都朝歌(ちょうか)では、千年の狐狸精妲己(だっき)(妲妃)欺弄されて、紂王が自堕落な日々を過ごしていた。諸侯は相次いで旗揚げ、武王を盟主と仰いで会盟の地孟津(もうしん)へと兵馬を進める。(講談社文庫)

  • 封神演義(下) 安能務 書籍 702コイン

    中国易姓革命の火の手はいよいよ熾烈に燃えさかる。仙界人界入り乱れての大混戦に飛び交うおびただしい宝貝(パオペエ)(秘密兵器)。数知れぬ武将の魂魄が次々と封神台へ飛ぶ。紂(ちゅう)王打倒の西岐軍はついに四伯侯会盟の地孟津に達した。そのまま一気に都朝歌(ちょうか)に迫り、やんぬるかな紂王は摘星楼に自焚する。伝奇巨編。全3巻。(講談社文庫)